マイナンバーで風俗関係者がとるべき対応はコレだ!

マイナンバー制度が始まることによって、風俗や水商売にも大きな影響が出るといわれています。
MENU

マイナンバーで風俗関係者がとるべき対応はコレだ!

マイナンバー制度が始まることによって、風俗や水商売にも大きな影響が出るといわれています。

 

風俗店やキャバクラなどの水商売をしている店の中には、従業員への給与を現金日払いにしているケースもたくさんあります。支払っている給与がこれまで不透明な部分も多かったのですが、マイナンバーによってその記載が義務付けられ明確になります。女性にとって効率よく大金を稼ぐことができる職業ですし、得たお金を今まできちんと納税を行っていれば問題はありません。

 

ですが、例えば将来的に確実に行われるマイナンバーと銀行口座の連携によって、納税を怠っていた場合には多額の預金によって税務署の調査対象にもなりえるでしょう。

 

中には夜の仕事という特殊な性質上、店側に本名や身分などを明かさずに報酬を得ているかたもいるでしょう。ですが、マイナンバー制度によって公的に届出が出されているお店に勤務する場合には、マイナンバーの提出が必要になってきます。例えば体験入店をする際にもマイナンバーを利用しなければならない場面が出てくるのです。

 

マイナンバーをお店側に提出してしまうと、風俗や水商売の仕事をしていたという記録が、その人のマイナンバーには永久に残ってしまうことになります。そのことが心配で、制度が始まる2015年10月までに風俗や水商売から足を洗おうとする女性も少なくないといいます。

 

マイナンバー制度が始まる事によって、夜の街から活気がなくなってしまうことや、さまざまな市場の景気に悪い影響が与えられることが懸念されているのです。

更新履歴
このページの先頭へ